ワードプレステーマはSWELL一択の理由【感想・レビュー・評価】

こんにちは。ほころびです。

WordPressのテーマがどれがいいの?と思って調べてみてとりあえず値段(予算)で選ぶ人や調べて評判がよさそうなものを選ぶ人が多いのではないでしょうか。

結論から言いますとSWELL一択です。

SWELLはざっくりいいますと、他のテーマとの「新しさ」が全然違うからです。

SWELLの快適さはパズル・ゲーム感覚で初めての人でも操作できるため「難しいコードを記述しないとお洒落にできない…」という不安を打ち消します!

目次

SWELLをおすすめする理由

理由1:ブロックエディター(Gutenberg)完全対応

これからブログを始めようとしている方は「ブロックエディター(Gutenberg)」は非常に重要です。

これがあるかないかで、テーマの印象は180度変わります。

SWELLは直感的に操作できる最新のブロックエディター(Gutenberg)に完全対応している数少ないWordPressテーマ。

そのためブロックエディター(Gutenberg)を操作に慣れておくことは決して損ではありません。

クラシックエディターとかブロックエディターとかいまいちピンとこない!という方に
クラシックエディターが携帯でいう絵文字・顔文字、メールのようなもので。
ブロックエディターが携帯でいうLINEスタンプ、LINE(チャット)のような違いです。

SWELLは2019年~からの比較的新しい部類。新しいからこそ、機能も便利で最新。

新しいもの好き!という方にはうってつけです。操作もシンプルな方のため慣れるのにそう時間はかからないでしょう。

その他便利機能が記載されているSWELL特徴ページはこちら

ブロックエディター(Gutenberg)を他で例えるなら、「携帯がガラケーからスマホに進化したようなもの」です。
とても便利になったことは間違いないのですが、まだそれに対応できているところが少なく、「まだ主流であるクラシックエディター」をそのまま利用しているところが多いというわけです。

理由2:デザイン性

上記の画像の通り、見ての通りの美しさ。

テーマを選ぶ際に公式サイトをのぞきにいったりすると思いますが、SWELLについては一目見て「本当にシンプルで美しい」の一言。

複雑にHTMLやCSSのコードで記述しなければならないとか一切ありません。

ゴチャゴチャしていなくて見やすい。これに尽きます。

SWELLにするとサクッとこんな感じのサイトがコードを使わず半日以内で作れちゃいます!

理由3:値段面

値段は17,600(税込)円。

SWELLは一度買えばこれっきりでそれ以上追加料金など一切なしです。

値段がちょっと高めじゃね?と思う方は、

iPadが他タブレットより数万円高値でもなぜダントツに人気なのか?
パソコンもWindowsよりなぜ高値であるMacが人気なのか?

使いやすさが他より群を抜いて評価されているから

他テーマからSWELLに乗り換える人は多いですが、SWELLから他テーマに乗り換えた人は少ないです。

ほころび

SWELL「から」他テーマに乗り換えた、というの内容は検索で本当に見つからないです。

それを踏まえればSWELLのこの値段は損をしないための値段と言えます。

他テーマにはない神機能が使える!

デメリットはないのか?

1.SEOに関する機能はプラグインを利用

SWELLにはSEOに関する機能が”テーマそのもの”には入っていません。

SEOが気になる場合、プラグインを利用する必要があります。

「SEO SIMPLE PACK」プラグインが公式から推奨されておりそれで補うことが可能です。

2.サイトの速度が爆速?

他テーマより爆速レベルで速いと噂のSWELL。

本当に速いのか?というと少々SWELL利用者によっては差があるようです。

筆者のサイトの場合、モバイル版が73。PC版が96という結果に。

ほころび

SWELLにしてから平均50~70くらいの速度ですね

スピード向上のために試したこと

・画像等は全て圧縮ソフトにかけて利用
・フォントは「游ゴシック」
・SWELLについている「ページ遷移高速化」「遅延読み込み機能」全て有効化

ざっくりスピード向上のために色々調べてやってみましたがモバイル版は80以上に行ったことがないです。

環境によって速度に個人差があり、一概に絶対に速いとは言い切れないところがあります。

SWELL利用者の評判

他テーマからの乗り換えにもSWELLは対応

初心者向きと言いましたが、すでに他テーマがある…という方向けにもSWELLは乗り換えサポートは万全です。

SWELLの購入者限定のページに「乗り換えサポート用プラグイン」というものが用意されていますので、そこからダウンロードすることができます。

乗り換え対応テーマ

・AFFINGER5
・Cocoon
・JIN
・SANGO
・STORK
・THE THOR

いきなりテーマを乗り換えると、主に記事の装飾・デザイン面が崩れる恐れがあります。

乗り換え後に直せば特に問題ありませんが、直すまで見映えがどこか崩れた状態で記事が公開される…ことを防ぐためにあるのが「乗り換えサポート用プラグイン」です。

つまりテーマ移行で事故防止するためのプラグインとも言えます。

ほころび

私も「乗り換えサポート用プラグイン」を使って乗り換えました

テーマ乗り換えはすでに記事数が多い人ほど修正に時間をとります。

乗り換えサポートも万全で素晴らしいものですが、乗り換えをした派からすると「最初からSWELLにしたほうがよかった」です。

まとめ:公式サイトを見て1分以内に離脱しなければSWELL向き

今回SWELLをおすすめする代表的な理由として「これからの時代はブロックエディター(Gutenberg)」「デザイン(シンプルに相性)」「値段(追加料金の有無)」の3つの観点を兼ねて簡単に紹介させていただきました。

サイトや記事をスッキリ綺麗に見せるために高度なコードを記述をたくさんしたり、複雑な機能を調べるために検索に時間をかけたりすることをやめませんか?

SWELL公式サイトを見て「飽きたから1分以内に離脱をしよう!」と思わなかったら充分あなたはSWELLテーマに向いています。

【関連記事】AFFINGER5とSWELLどっちが誰向き?

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる