SWELLテーマでモバイル表示速度90台は可能?【爆速20UPしてみた】

爆速と言われたりそうでもないと言われたり評判のSWELL。

あれこれ試した結果、当サイトはPageSpeed Insightsでモバイル版90台に到達することができました。

どう改善したかの方法を備忘録として記録していきます。

目次

SWELLテーマにすると表示速度爆速(スコア90台レベル)は可能?

結論から言いますと可能です。

ただ誰でも楽にできるかと言われますと、利用環境とその人のやりたいこと(サイト方針)によります。

プラグイン・画像・エフェクト・アニメーションを山盛りにしてる!という人の場合、(無料の範囲で)爆速は諦めた方がいいかもしれません。

表示速度を爆速にする方法とは、上記をできる限り、削除・代替・停止させることだからです。

ほころび

何よりSWELL公式が一度も「爆速」とは言っていません。

表示速度改善方法とは?

プラグインを減らす・軽いのに変更:モバイル表示速度70→80台。
・SWELL設定でアニメーション(見映え・演出系)を停止:モバイル表示速度80→90台。

前提条件

  • 画像等は全て圧縮ソフト(TinyPNG等)にかけて利用している
  • SWELL設定の【高速化】タブはすでに設定済(「ページ遷移高速化」「遅延読み込み機能」全て有効化)
  • フォントは【游ゴシック】
  • アドセンスはつけていない

※レンタルサーバーはエックスサーバー使用。

上記の前提条件を満たしてモバイル表示速度が60台~70台…という前提でいきます。

SWELLテーマで速度改善方法1:プラグイン編

表示速度を70台から80台にした方法は重たいプラグインを削除or軽いのに変えることです。

実際に対処したプラグインがこちら。

・Invisible reCAPTCHAプラグインを外す(スパム対策系プラグイン)
・Contact Form 7プラグインからContact Form by WPFormsプラグインに変更(お問い合わせフォームプラグイン)

どのプラグインが重たいかについてはP3 (Plugin Performance Profiler)プラグインでおおまかに知ることができます。

どうしても減らせないプラグインもあるかもしれませんが、減らせるものがあったら見直してみるといいでしょう。

スパム対策系プラグイン:Invisible reCAPTCHAの削除

お問い合わせフォームにスパム対策のreCAPTCHAを付けるためだけにあったプラグイン。

reCAPTCHAをつけるためのサイトキー&シークレットキーを一度作成できたら、これいらないのでは?と発覚。

Invisible reCAPTCHAプラグインを削除しました。

ほころび

reCAPTCHAが心なしか重い

お問い合わせフォーム:Contact Form 7からWPFormsに変更

お問い合わせフォームを簡単に作るのにContact Form 7が人気ですが、プラグインの中では重めです。

めったにこないお問い合わせのために重たいプラグインを入れ続けることに疑念を抱き、代替を検討。

代わりに入れたのがSWELL公式推奨プラグインの1つに入っていた「Contact Form by WPForms」。

reCAPTCHAのサイトキー&シークレットキーを組み入れることが可能で、Contact Form 7より簡単にお問い合わせフォームを設定できると噂のプラグインです。

Invisible reCAPTCHAとContact Form 7を削除して、代わりにContact Form by WPFormsを組み込んだことで表示速度が10上昇しました。

SWELLテーマで速度改善方法2:設定編【機能停止】

これによって80台から90台にいきました。

【SWELL設定】→【機能停止】タブ→「ページ表示時のアニメーション」を停止に✓

これで変更保存することです。(他の項目に✓するかどうかはお好みで)

これでお手軽に速度5~10は上昇しました。

ただどうしても見た目・アニメーション演出に力をいれたい!という方は、表示速度上昇とは両立しないためどちらかを選択する必要があります。

サイトの見た目を取るか・速度を取るかです。

SWELLテーマで速度改善方法3:レンタルサーバー編

どんなに手を尽くしても速度が上がらない場合の最終手段のときに使った方がいいです。

この記事を投稿した時点ではエックスサーバーを使用。

2021年7月追記:興味本位でConoha WINGに移行。

移行してわかったのは、エックスサーバーは充分速いということです。

環境によっては「Aサーバー方が速い!」「いやBサーバーの方が速度が上がった!」と評価が割れることがあります。

とりあえず、エックスサーバー かConoHa WINGのどちらかを選んでおけば遅いということはないでしょう。

参考:当サイトの利用プラグイン

必須系
・EWWW Image Optimizer(画像対策)
・UpdraftPlus – バックアップ/復元(バックアップ)
・Contact Form by WPForms(お問い合わせフォーム)
・Google XML Sitemaps(XMLマップ)
・SEO SIMPLE PACK(SEO対策)
・XO Security(セキュリティ)
・WP Multibyte Patch(WordPressを日本語版に対応)

任意
・Really Simple SSL(SSL化)
・Redirection(301リダイレクト)
・Useful Blocks(記事装飾系)
・WebSub/PubSubHubbub(インデックスされやすくなる?)
・WP Revisions Control(リビジョン制限)

※SWELL公式はEWWW Image Optimizerを非推奨しているので、ご利用は自己責任でお願いします。

まとめ:SWELLでモバイル表示速度を速くするには

・できる限りプラグインを減らす
・減らせない場合、他プラグインと代えてみて処理が軽い方を選択
・SWELL設定でアニメーションを停止する
・レンタルサーバーを他のものに変えてみる

ざっくりまとめると、無料の範囲でどうにかしようとする場合「見た目演出に力を入れる」と「表示速度を速くする」は相容れません。片方を切り捨てる必要があります。

両立させたい場合は専門家に任せるか、高速化する有料プラグイン(WP Rocket等)を利用することを検討した検討した方がいいでしょう。

正直、モバイルで速度が90台行かなくても70~80台あれば十分だと思います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる