ASDにプログラマーは向いているか?【プログラミング体験談】

こんにちは。ほころびです。

プログラマーというより、正確にはプログラミングに興味がある方は多いでしょう。コミュニケーションが苦手だからプログラマーに興味があるという方いると思います。

あとネットでASDの向いてる職業、適職でプログラマーってたまに書いてあったりしますよね?

ASD当事者かつ、数年IT系にかじった経験を元に書いて見ようと思います

今回はASDでプログラマーになろうか悩んでいる方へ向けた記事です。

参考経験:Java。HTML/CSS、JavaScript、SQL、Linux、Oracle等。広く浅くのため熟度には差が有り。

目次

ASDはプログラミング向いている?

実際に業務に入る前に趣味でも予習でも試してみてプログラミングに”はまった”と認識できているなら向いています。

全く事前知識なし完全受け身ノー勉強で挑むつもりなら向いていないです。

IT系に関しては、ノー勉強その場で教えてもらえばなんとかなるでしょ思考は正直危険です。

入る前にどんな形でもいいので予習することをおすすめします。

入社後に研修があるとしてもぶっつけ本番はかなりきついです。

プログラミングの学習は膨大

プログラミングで学習することは山ほどあります。

なのでどんなに教えが良くても一日だけで完璧に理解した!はあり得ないわけです。

膨大な学習量のため”継続して学習すること”が求められます。わからないことはある程度自分で調べる力が求められます。

学習する言語によりますが参考本を読んで頭で理解するより、参考にしながら実際に手を動かしてみないとわからない部類です。

パソコンを初めて使うときにで実際に取り扱い説明書を読んで動かしましたか?

“とりあえず手で直接動かしてやり方を学習”しましたよね?そういうことです。

ASDかつ未経験でもプログラマーになれる

結論から言いますと”未経験”でも新卒で入ることは可能です。

理由は当事者かつ筆者が実際に新卒時に入れたからです。

“本当に未経験”で入社することは可能ですが、

「未経験だけど、〇〇という言語の本(or動画)等で学習した。それを元に予習or趣味でサイトを作ってみた」くらいはやったほうがいいです。

未経験であっても何か作ったというだけでも実績になり、意欲があると見なされて印象が良くなりますよ。

つまりプログラミング実務未経験でも何らかの自習をやってきた、の方が圧倒的に採用チャンスが上がります。

新卒だろうが中途だろうが同じことが言えます。

適性チェックリスト

経験を元にチェックリストを作成してみました。参考にしていただければ幸いです。

  • 一時的な暗記じゃなくても英語や数学は頭に入る方。特に学校の成績が良い方である
  • 語彙力に困った経験がない。すぐ関連する他の単語・言い方を思いつく。知識がある方である
  • 言葉の意味を問われても大体答えられる。説明は得意な方である
  • わからない問題があっても他人に少しの助言を貰えれば、大抵残りは自力解決できる
  • 自分は継続が得意、粘り強い方である

上記で3つ以上当てはまった方ならプログラミングに挑戦してみてもよいでしょう。

予習をすれば失敗しない

自己判断だけで本当にプログラマー適性を決めていいのか?という方いるでしょう。

プログラミングを学習する手段は、

①SE・プログラマー系の会社に入って研修としてプログラミングスクールに通う。
②本やネット(動画)で独学する。
③オンラインスクールで空いた時間に学習する。

の3つのうちのどれかです。

筆者は②→①の順で学習しました。いきなり①に突入すると後が苦しいかなとは思います。

まだ就活生とかではないor試してみたいという方は②か③の家でも自由時間でできるタイプをおすすめします。

プログラミングは頭で考え込むより実際に手を動かした方が理解が深まりやすいです。

結論:ASDだからと固執しすぎない

プログラマーの適性=プログラミングを学習して継続して続けられるかどうかです。

ASDのあるある特性っぽくいうなら向いているタイプは、「プログラミングそのものにはまって没頭できること」「ずっとコードを記述する(同じ作業をする)ルーティンを苦に思わないこと」だと思います。

それは、スクール費用を払う前に本や動画でなんとなく適性がわかるのではないかと思います。

高校や大学生ならやはり独学コースになりますが、やはりなるべく本だけ読むより安く教えてもらいたいですよね?

本を読むだけに飽きたのであればSkill Hacksをおすすめします。

プログラミングスクールはオンラインだろうが通所だろうが、数十万~と安くはないのが通常でしょう。

しかしSkill Hacksは料金10万円以下で追加料金なし+質問無制限の手厚いサポートというコスパ最強のコンテンツなのです。

Skill Hacksの詳細はこちら

月額○○万~よりよほど料金に優しいですね。

結局のところプログラミングとは、その人のやりやすい環境、勉強法で大きく理解度が左右されます。

スクール通所でそういう環境じゃないとやる気になれない人は通所型。

1対1のマンツーマンで家でやりたい人はオンライン型。

自分のペースで自分のやりたい教材が欲しい人は独学型。

皆様はどの型が向いているでしょうか?

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる