【比較】SUZURI・Tトリ・Hoimiの特徴3つを簡単に挙げてみた

今回記事の対象

・デジタルで絵を描くのが好きな人

・デジタル絵を描くだけでは物足りない人

・オリジナルグッズやTシャツの制作・販売に興味ある人

副業などでTシャツ販売やグッズ販売に挑戦する人は少なくないでしょう。

描いたイラストやデザインをTシャツ制作・販売サイトに登録して、売れたらなんと収入を得ることができるのです!

私がTシャツ販売サイトでやっているのは、SUZURI、Tシャツトリニティ、Hoimiの3つです。

ほころび

約8ヶ月間上記サイトを利用しています!

今回この3つを簡単に紹介していきたいと思います。

目次

タイプ別比較

3つを試してみた結果、大体このようなタイプ分けになります。

スクロールできます
SUZURITシャツトリニティHoimi
手軽さ
種類の豊富さ
集客
売れた時の特典
向いているタイプ超初心者タイプバランスタイプデザイン重視タイプ

SUZURI特徴

特徴

・グッズの種類が豊富

・操作がお手軽簡単

・初心者向き

グッズの種類が豊富

計42種類のグッズを制作することができます。(2021年2月16日時点)

アクリルブロックやマグカップ、ノートやグラスなどのTシャツ以外の小物系もあり種類が豊富です。

いきなりTシャツを作ると言われても・・・と抵抗のある方でもお好きなグッズを作れます。

41種類もあったら時間がかかるのではと思われがちですがSUZURIなら数分で簡単に作成できます。

操作がお手軽簡単

他サイトの中でもダントツの操作性を誇ります。

Tシャツ・グッズ制作・販売サイトでどれが一番、制作が簡単にできるかと問われるならSUZURIです。

一番手短にお手軽にできるというのはわかるのはスマホケース(iPhoneケース)系統を作成するときです。

他サイトではiPhoneケースは機種ごとに配置や値段を1つ1つ設定しなければなりません。

SUZURIはiPhoneケース1つをデザイン設定すれば他の機種も自動で配置等を決めることができるのです。

初心者向き

上記2つの特徴を踏まえて、SUZURIが一番初心者向きです。

最初に手を付けるならSUZURIから始めるのをおすすめします。

デザインを挙げて売ってみる感覚を手っ取り早く体験できます。

初期費用0、リスク0、操作性◎なので時間も大して取りません。

副業としてやりたいなら、グッズ作成・販売は複数のサイトを兼用してやることが前提になるでしょう。

SUZURIを最初にやってみて感覚を掴めたら他サイトに挑戦した方がいいです。

Tシャツトリニティ特徴

特徴

・Tシャツ販売においては信頼性No.1

・ピックアップ率が高め

・セールが定期的にある

Tシャツ販売においては信頼性No.1

Tシャツを販売するという点においてはTシャツトリニティに登録しておけば間違いはありません。

SUZURIはグッズの種類の多さが特徴でしたが、こちらは小物系がなくTシャツ系、スマホケース系、バッグ系くらいと種類がスッキリしています。

つまるところTシャツを売るのがメインのサイトです。

デザインアイテムとして販売するのとテンプレートアイテムとして販売するの二種類を選ぶことができます。

前者はデザインを挙げてそのまま販売することに対し、後者はデザインしたものをユーザー(お客様)が自由に編集できるようテンプレートとして販売することです。

チームウェアやクラスTシャツなどが該当します。

ピックアップ率が高め

Tシャツトリニティはどんなものをピックアップするかをテーマをある程度明示しています。

例えば「ナチュラルTシャツ特集」「シンプルスマホケース特集」等。

「~特集」という形で公式からピックアップされることがあります。

他サイトだと公式からのピックアップ基準が明確ではない場合が多いです。

闇雲にイラストやデザインを作成していくよりは、少しでも当たりやすいテーマで描いた方が選ばれる確率も上がり意欲も上がるでしょう。

特集の数が多いため、テーマに合わせてデザインしてみればピックアップに当たる確率も決して低くはありません。

セールが定期的にある

セールは1週間に1~2度と頻度が高めです。

基本は金曜日夕方~日曜日。祝日や行事の日にも定期的にセールが開催されます。

割引額は1点につき300~800円等と時期によって幅があります。

頻繁に割引されるのでお客様から見れば非常に購入しやすい価格のTシャツ販売サイトなのです。

サイトそのもの集客率が高いため売れやすいという観点ならTシャツトリニティがおすすめになります。

Hoimi特徴

特徴

・審査がある

・ランク方式である

・メールマガジン

審査がある

SUZURIやTシャツトリニティは著作権等々にひっかからない限り誰でも登録できます。

Hoimiは少し独特でユーザー登録やデザイン登録をするときに公式からの審査が行われます。

公式スタッフがデザインをチェックしてからそのデザインを登録するかどうか決めているのです。

審査が通ることができたのであれば、自分のデザインに対しある程度自信をもつことができるでしょう。

自分のデザインを試してみるつもりでHoimiにチャレンジしてみるのも大いにありです。

ランク方式である

Hoimiには販売実績に基づいたS~Fのデザイナーズランクというものがあります。

ランクが上がると報酬金額が上がる、ランキングで上位に表示されるなどの特典があります。

基本、報酬(取り分)はデザイナー側が決めた固定分しかもらえません。

ですがランクが上がれば、報酬金額を挙げることができるのです。

一番下のFランクが報酬20%だとすれば、一番上のSランクは報酬60%になります。

Hoimi独特の特徴のため、デザイン+集客に自信のあるタイプはこの方式は非常にお得になります。

メールマガジン

ピックアップは主に公式からのメールマガジンで配信されます。

マガジンを配信するごとにどれを特集するかピックアップを決めているタイプです。

モノクロ特集だったり、ステイホームだったりと日によってテーマがバラバラです。

メールマガジンの頻度は1~2日に1度と高めなのでピックアップチャンスも高めと言えます。

ピックアップの中に入れれば、デザイナー側のサイトのVIEW項目(どれくらいそのデザインを見られたかの数値)がぐんと上がります。

まとめ

総合しますと

・お手軽さ+種類の豊富さ
SUZURI>Tシャツトリニティ>Hoimi
・集客のしやすさ
Tシャツトリニティ>Hoimi>SUZURI
・販売実績があれば特典などで有利
Hoimi>Tシャツトリニティ>SUZURI

になります。

今回3つのサイトの特徴を簡単に挙げてみました。

グッズの作成・販売サイトは複数サイトを兼用することができます。

この中から1つだけと言わずどれも無料なので好きなように気になったものを試してみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる